植物工場

植物工場

“植物の工場”と称される新しい生産スタイルは日本の伝統的な農業生産様式を変えようとしている。それは、もっと少い資源でもっと多くの野菜と食糧を作り出す見込みがあるだけではなくて、就業率を高めることに貢献ができるかもしれない。
千葉県に位置するひとつの“植物の工場”を管理している嶋村茂治さんは、伝統の農夫ではなくて、彼は1年365日毎日10時間余りを使って農園中で草を鋤き返して、施肥して、害虫をつかむ必要はなくて、ないし農園に行く必要もなくて、彼の野菜がすべて室内で栽培している。嶋村さんは“植物の工場”と称する科学技術を採用して、密封する環境の中で、人為的に光、温度、湿気、二酸化炭素と水などの植物の成長環境を調節して、安定した年間の収穫量を確保する。   千葉大学園芸学部から卒業した嶋村さんは、学生の時代から“植物の工場”という新しい科学技術にした。“植物の工場”とは、完全に人工の照明を使い、または人工の照明と日光を使っい、あるいは日光だけを使って植物の成長を促す。嶋村さんの植物の工場は、ただの人工の照明を採用して、植物は強烈な照明の照らしで、日光に照らされたように、光合成を生む。植物が日光に頼わず成長して、その上新しい科学技術は人工の明かりの照射は植物の表面温度が高すぎないようと調節できるので、工場内の野菜は、農地の中のような1列に並んで栽培しなくてもよくて、何層も植えることができて、多くの空間を節約できる。それ以外、植物の工場は密封する空間であるため、植物の生長は天気などの自然環境の影響を受けなくて、野菜の供給量を安定に保つことができる。でも、植物がいかなる害虫によって侵害されないことを確保するため、植物の工場は半導体生産工場のように、労働者は中へ入る前に、必ず体をきれいに洗って、マスク、手袋を着用しなければならない。また、工場内の植物は土壌の中で植えるではなくて、水を使って育って、栄養の液体に頼って成長している。植物の形と味は、栄養の液体の種類と量などを調整することを通じて、コントロールすることができる。きれいな環境の中で育ったもので、その上殺虫剤を使っていないため、植物の工場で栽培した野菜は、直接口の中に入れて味わうことができ、水で洗う必要がない。これらの野菜の形が美しくて、レストラン・チェン店の大戸屋などのレストランは、植物工場で栽培した野菜を使い始めた。